退職代行は転職先にバレる?転職でバレて詰むケースと対処法一覧

退職代行は転職先にバレる?転職でバレて詰むケースと対処法一覧

基本的に、退職代行サービスを利用したことが転職先にバレることはなく、バレることがあったとしても仕事に影響がでるリスクは低いといえます。

本記事では、退職代行サービスを利用しても転職先にバレることがない理由やバレるリスクがあるケースとしてどんな事例があるのか、万が一にもバレることがないようにどのような対処法があるのかなど、退職代行サービスの利用を考えている人の安心に繋がるよう具体的に解説していきます。

また、対処法の一つとして退職代行サービスの利用についても触れており、おすすめの退職代行サービスの紹介もしていますので、自分でどのように退職代行サービスを選べばよいのかわからないという人はぜひ参考にしてみてください。

結論:退職代行の利用が転職先にバレることはまずない!

結論:退職代行の利用が転職先にバレることはまずない!

結論からいうと、退職代行サービスを利用して退職したとしても、それが転職先にバレることはまずありえません。
転職先にバレない理由としては、下記の3つが挙げられます。

<退職代行サービス利用がバレることがない理由>
①転職先が前職調査を行うことは禁止されている
②退職先からの個人情報の無断提供は禁止されている
③退職代行サービスの仕組み上情報漏洩のリスクがほぼない

まず①について、現在転職先が候補者の同意なしに前職調査を行うことは、ある職種を除き法律で禁じられています。前職調査とは、転職先が候補者の前職について調べて、経歴や勤務態度、職務能力などを調べることを指します。

かつては前職調査を行う企業は珍しくありませんでしたが、近年では個人情報保護法の改正がなされて個人情報の取り扱いが厳重になったため、基本的には禁止されているのです。

②についても①と同じような背景があり、たとえ退職した人に関する情報であっても、従業員の個人情報を外部に提供する行為は個人情報保護法で禁止されています。

そのため、退職先から転職先へ個人情報が共有される可能性は限りなくゼロだといえるでしょう。

最後に③については、退職代行サービス事業者と依頼者との間で使用する連絡ツールが電話やメール、LINEなどシンプルなものであること、退職代行サービスはプライバシーの保護を徹底しているため情報が転職先に洩れる心配がないことが背景にあります。

また、退職代行サービスはあくまで退職に関して前職会社とやり取りをするだけであるため、退職代行サービスから転職先に連絡することはありません。

上記の理由から、退職代行サービスの利用が転職先にバレるリスクはまずないといえますが、仮に退職代行サービスを利用して転職したことが転職先にバレることがあっても、それが選考や社内での立場に影響する可能性は低いでしょう。

こんな場合は注意!バレるリスクが高いケース

こんな場合は注意!バレるリスクが高いケース

上記では、退職代行サービスを利用して退職したとしても、転職先にバレるリスクはまずないことについて解説してきました。

ただし、これから紹介するようなケースに該当する場合には、転職先に退職代行サービスを利用したことがバレてしまうリスクが高いといえるでしょう。

まずは下記のケースに当てはまっているかどうかを確認し、転職先にバレるリスクがあるかどうかを見極めましょう。

ケース①転職先に前の会社の人がいる

転職先に前の会社の人がいて、その人が退職代行サービスを利用して退職したことを知っているのであれば、転職先で情報が広まってしまうリスクはあります。

ただ、前の会社の人と同じ会社へと転職する可能性はかなり低いほか、人事担当者などでない限り、同じ会社であっても退職代行サービスを利用して退職したことを知っている可能性は限りなく低いといえます。

ケース②面接時に自分で言ってしまった

ほとんどないケースですが、面接の際に転職先の担当者へ退職代行サービスを利用したことを伝えてしまった場合は、当然ながらバレることになります。

単に退職理由を聞かれただけであっても、面接時の緊張から伝える必要のない情報まで伝えてしまうことがないとは言い切れません。

このような場合は、もちろん転職先に退職代行サービスの利用がバレてしまいます。

ケース③SNSで退職代行の利用を発信した

SNSなどで退職代行サービスを利用したことや感想などを発信した場合、何らかのきっかけでバレてしまう可能性は否めません。

仮に本名に繋がらないような匿名の投稿だとしても、日付や口調などからわかる人にはわかる内容になってしまうこともあるため、退職代行サービスに関するSNSへの投稿は基本的にやめた方が良いでしょう。

ケース④地方に住んでいて同じ地域内で転職した

地方に住んでいる場合、近所に住む人が皆知り合いであったり、コミュニティの範囲が限られていたりすると、情報が広まりやすいということもあるでしょう。

そのような地域で、かつ同じ地域内で転職した場合には、退職代行サービスの存在自体が珍しいため情報が広がり、転職先にも伝わるリスクがあります。

ただ、事前に退職代行サービスを利用したことを周りに話さないよう要望することが可能です。会社側に注意を促しておけば地域や転職先にバレることはないでしょう。

絶対にバレたくない人のための対処法

ここまでは、基本的に退職代行サービスの利用が転職先にバレることはないということと、万が一バレるリスクがあるとすればどのようなケースかをお伝えしてきました。

今退職代行サービスを利用した退職を考えているという人であれば、バレるリスクを極限まで減らしたいというのは自然なことかと思います。

ここでは、そのような場合にどんな対処法があるのか、具体的な方法を2つ紹介していきます。

バレるリスクを排除するための対処法① 退職代行サービスで辞めたことは他人に話さない

バレるリスクが高いケースでもお伝えしたSNSでの発信のように、自分で不特定多数の人に対して退職代行サービスを利用したことを話してしまった場合、転職先にバレるリスクがどうしても高くなってしまいます。

同僚や仲の良い先輩だったとしても、誰かがその情報を漏らしたことで話が広まってしまえば止めることは難しいため、自分から誰かに退職代行サービスの利用を話すことはやめましょう。

バレるリスクを排除するための対処法② 信頼できる退職代行サービスを利用する

バレるリスクを最小限に抑えるのであれば、退職代行サービス選びも大変重要です。信頼できる退職代行サービス事業者なのかどうかを見極めるための判断材料として挙げられるのは、下記の4点です。

1.価格設定
料金相場より極端に離れた価格設定になっていないかどうかを確かめましょう。極端に利用料金が安い場合は悪質な退職代行サービスであったり、サービスやサポートが行き届いていなかったりする退職代行サービスである可能性があり、リスクが高くなります。
2. 連絡手段
電話やメール以外に、不安になったときや質問があるときにすぐ連絡できるLINEなどの手段があるかどうか。退職手続きの進捗確認などもアプリがあれば逐一行うことができるため安心です。
3. 口コミ
口コミは利用者の声がダイレクトに反映されているため、依頼前の確認は必須です。口コミランキングなど、退職代行サービスの評判が一目でわかるサイトもあるため活用すると便利です。
4. 運営元
退職代行サービス事業者の運営元は民間企業、労働組合、弁護士の3つに分かれていて、民間企業運営の場合は退職意思を伝えることしかできず、交渉を行った場合には違法行為として罰せられるリスクもあるため、退職代行サービスの選び方には注意が必要です。

退職代行サービスの見分け方について、より詳しく知りたい人は下記の記事もぜひご覧ください。

バレるのが怖い人におすすめの退職代行サービス

上記の対処法②では信頼できる退職代行サービスを選ぶためのポイントも併せて記載していますが、ここではそれらのポイントをすべて満たしたおすすめの退職代行サービスを2つ紹介していきます。

男の退職代行

男性に特化した退職代行サービスとして、高い信頼と実績を誇っている事業者です。これまでの退職成功率は100%で、どんなケースであっても必ず退職まで導いてくれるという他社にはない安心感から、多くの退職希望者に選ばれ続けています。

労働組合運営の退職代行サービスであるため、即日退職はもちろん有給消化や未払い賃金の交渉なども行うことができます。

わたしNEXT<女性の退職代行>

創業19年という経験値はもちろん、女性向けの退職代行サービスとしてきめ細やかな心配りと対応が話題の退職代行サービスです。

退職手続きの中で出てくる不安や質問点に対するレスポンスも早く、女性ならではの悩みにも配慮しながら進められるという点で、他の退職代行サービスとは一線を画しているといえます。

退職代行は転職先にバレる?転職でバレて詰むケースと対処法一覧、まとめ

今回は、退職代行サービスを利用したことが転職先でバレるのかどうかからはじまり、バレるリスクが高いケースやその対処法について紹介してきました。

退職代行サービスの利用がバレるというのはまずありえないことであり、万が一バレるとすれば利用者が自分から情報を漏らしてしまった場合か、または環境的に退職先の人が近くにいる場合が考えられます。

また、退職代行サービス事業者といっても中には詐欺まがいの業者も混ざっていますので、そのような事業者に依頼してしまうと個人情報が漏洩してしまうリスクが高まるでしょう。

そのため、本記事で紹介したような、口コミの評価が高く、評判ランキングなどでも上位をとり続けている経験豊富な退職代行サービス事業者に依頼することが安心です。

退職代行サービスの利用自体は全く悪いことではありませんが、自分の発言や行動によって転職活動などでリスクを負わないためにも、本記事の内容をぜひ参考にしてみてください。

≫ カテゴリ「退職代行サービスの教科書」の記事一覧

退職代行とは。またその利用方法

退職代行とは、自分で「辞めたい」と言えない場合や、会社への要望を代弁して欲しい場合などに、会社へ行くことなく職場の人と誰とも会わないで退職手続きをすることができる退職の代行サービスです。

男の退職代行」「わたしNEXT<女性の退職代行>」では、辞めたいのに会社が辞めさせてくれない方や、パワハラなどのハラスメントで苦しんでいる方、退職したいと言えない方、うつ病やうつ症状などで精神的につらい方の味方になり、次の一歩へ進むための助けとなるべく退職代行サービスを提供しています。
また、退職手続きについてもしっかりサポートしますので、退職の流れや手続きがよくわからない方でも安心してお任せいただけます。

男の退職代行」「わたしNEXT<女性の退職代行>」の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職、有給休暇消化後の退職、全国対応、24時間いつでも無料相談(LINE、メール、電話)が可能で、退職だけでなく転職成功への近道でもある転職サポートも無料で提供しています。

いつでもお気軽にご相談ください。

   
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました